知りたい!店舗デザインの依頼

おしゃれな店舗をつくろう!

店舗デザインのノウハウの集め方

店舗デザインのノウハウの集め方 店舗デザインのノウハウの集め方としてまず挙げられるのが、インターネットによるリサーチです。
インターネットには店舗デザインに関するサイトが非常に多く開設されていて、そのサイトにはデザインの施し方やコツなどといった有益な情報が数多く発信されています。
もちろん、ノウハウといった情報も多くありますので、とても参考になります。
また、専門情報誌を利用するという方法もあります。
専門情報誌には店舗デザインに関する豆知識のほか、実際にデザインを手掛けている人からのコメントや利用した人の口コミなど、ネットからではなかなか入手できない情報も盛り込まれていますので、こちらも非常に参考になります。
このほか、セミナーなどのイベントに参加する方法もあります。
店舗デザイン会社が主催するイベントは、デザイン会社に従事しているデザイナーから生の声を聞くことができまるのが最大の魅力です。
デザインについてのあらゆる相談にも対応していますので、非常に効果的です。

業態別に繁盛店が目指せる店舗デザインを考えるコツ

業態別に繁盛店が目指せる店舗デザインを考えるコツ アパレルショップなどの物販店が店舗を改装するときには、顧客が中に入りやすい店舗デザインにすることが重要です。
そのためには親しみやすい外観と内装を目指すことが重要であり、お洒落な店舗デザインに強い建設会社を活用するのが理想的です。
フードビジネス系の企業もリニューアルに興味を持っており、業態に合わせて店舗の内装を設計することが大きな課題です。
新規に出店する飲食店は、居抜き物件を活用できる店舗デザインに興味を持っています。
そして既存の店舗を改造するときには、厨房機器や家具の再利用も可能なデザインを考えるべきです。
店舗向けの設計のノウハウを持つ建築事務所に相談すると、希望する予算の範囲で最適な施工内容を見つけることができます。
一方で完成後のメンテナンスのコストを減らすためには、活用する建材にも注目する必要があります。
耐久性に優れていて汚れが付きにくい床材や壁紙は、特に飲食店のリニューアルにも最適です。

新着情報

◎2022/7/20

情報を更新しました。
>顧客とスタッフの動線を重視した店舗デザインとは
>店舗デザインを考えるときに顧客導線を意識すべき理由を解説
>生産性の高い店舗デザインで効率アップを実現
>店舗デザインの依頼でトイレには掃除のしやすさにこだわると万全です
>店舗デザインで顧客満足度を高めることが可能

◎2021/10/6

情報を追加しました

> 繁盛店を実現するための店舗デザインのポイントとは
> 店舗デザインを変えるときはリスクの可能性もある
> 店舗デザインは販売するもののイメージで決める
> 経営者が店舗デザインを考える場合の注意点とは
> お洒落空間を作り出す店舗デザインは原状回復を気にすることは重要です

◎2021/3/18

店舗デザインのノウハウの集め方
の情報を更新しました。

◎2021/1/29

サイト公開しました

「店舗 業態」
に関連するツイート
Twitter

店舗情報】 コラムでの調査によれば、新宿ピュアティの前身は、1999年オープンのカップル喫茶ファーストピュアである。 システムや業態を変えつつ存続する最古の店ということになる。

北池袋のガラス張りバニーガールコンカフェ取り締られたのウケるな、あと2店舗あるけど業態変えるかガラスを見えなくするかだよな

鳥取県 米子ビブレ 1990年「米子サティ」として開店。 当初は株式会社米子ニチイが運営していたが、1996年3月には株式会社マイカルの直営店舗となり、「米子ビブレ」へと業態転換した。 2001年3月に再度サティへと業態転換し、(米子駅前サティ) 2011年3月1日に「イオン米子駅前店」となった。

日本初の新業態。おもてなし特化型店舗「青山 食演生活」 東京・青山にオープン

日本初の新業態。おもてなし特化型店舗「青山 食演生活」 東京・青山にオープン